業界での多様な働き方

システムエンジニアの業界で仕事をしようと考えた時、その方法はいくつかあります。
まず、一番代表的なものがソフトウェア開発会社やシステム開発会社に就職することです。
これらの会社では、顧客からの依頼をうけてソフトウェアやシステムを開発することが多いです。
システムなどを必要としている企業に出向き、その企業内で開発を行う常駐SEと呼ばれる働き方が多く、ひとつの案件が完了するとまた別の企業に出向くことも珍しくありません。

次に、社内SEという働き方があります。
どんな企業でもコンピューターを活用しており、何かしらのソフトウェアやシステムを導入しているものです。
これらの社内で利用するシステムなどの開発やメンテナンスを行うのが、社内SEになります。
表向きにソフトウェア開発を行っていない企業でも情報システム部などの部署があり、そこで活躍する人も多いです。
この場合はシステム開発のみならず社内のネットワークの構築などIT全般を任されることもあります。

他には、特定の企業に所属せずに案件ごとに契約を結ぶフリーランスという働き方も存在します。
学校を卒業していきなりフリーランスという人は少ないでしょうが、企業で経験を積み、人脈を構築したのちに独立して起業する人も多いです。このようにシステムエンジニアとして働く方法は多岐に渡ります。
ライフスタイルや自分の能力に合わせて働き方を選ぶことができます。
必ずしも、会社に雇用されるとは限らないのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15